理想のバストサイズとは

理想のバストサイズとは

理想のバストサイズとは

バストのサイズはただ大きければいいというわけではありません。

 

胸が大きいと言うだけでスタイルが良く見える、
男性からモテると思っていたら大間違いです。

 

大きさも重要なのですが、
体とのバランスが美しいバストを決める要素になります。

 

体はやせ細っている、身長がそれほど高くないのに、
バストだけやたらと大きいと全体のバランスが悪くなります。

 

グラビアアイドルや女優さんなどでそういった体型の方が見受けられますが、
それは美容外科にて豊胸手術を受けた可能性が非常に高いと考えられます。

 

基本的にバストは脂肪によって形成されていますので、
体全体の脂肪量が多ければそれだけバストのサイズも大きくなるのです。

 

一方で痩せている方は体全体の脂肪の量が少ないので、
バストも小さ目のはずなのです。

 

それなのに胸だけやたらと大きいと、
胸の整形手術を受けたと疑いを掛けられてしまう可能性が高いでしょう。

 

バストを大きくしたいのなら、
どのくらいの大きさが自分の体に最適なサイズかどうかを知ることも重要だと思います。

 

もしも胸の小さいことがコンプレックスになっており、
美容外科にての施術も検討されている方は、
なおさら自分の理想の胸について把握した上で
美容外科を受診することをおすすめします。
そのほうがより自然にバストアップの施術を受けることが可能になるからです。

 

理想的なバストサイズの算出方法は、
身長に0.53を掛けた数字で表すことができます。

 

あくまでもこれは目安になりますので、
美容外科を受診したときに理想的なサイズなどについて
詳しく聞いてみるといいでしょう。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ