Windows Serverというシステム

Windows Serverとは

サーバOSって聞いたことありますか?

私たちが普段から何気なく使っているパソコンという機能についてですが、普段の日常生活の中ではパソコンの本来持っている機能全てを生かして利用している人というのは一体何人いるでしょうか。そもそも仕事で使用していないという人の場合は最低限のインターネットを利用しているだけということでとどめているだけではないでしょうか。普段からパソコンを触れ合っている人でも、本格的に機能全てを理解している人というのは中々いないと思います。IT会社ともなれば普段から深入りした機能を利用することもあると思いますが、それもおそらくは自分が利用する範囲だけしかパソコンの機能を理解していないということもあると思います。パソコンを使用することが普通となっているこの時代の中でパソコンの機能を最大限利用している人なんて数える程度ではないでしょうか、特にパソコンにおけるサーバ機能については仕組みを簡単に把握していても上手に活用している、なんて人も早々いないでしょう。ところがそんなサーバ機能は企業などでは大いに活用されているのが現状です、IT会社に勤めているともなればそんな機能を理解しておかないといざというときに置いてけぼり食らってしまうことも十分にあります。他業界から転職という形で入社した人ならそれを踏まえて会社側も始動することになると思いますが、同じ業界に精通している人材が入社して、その仕組みを理解していないということになると場合によっては問題視されてしまうこともあります。IT業界においてパソコンを利用しての業務内容はもはや当然のこととして利用します、そしてほとんどの企業がパソコンで埋め尽くされているようなオフィスでの作業を行なうことになります。

そんな普段から仕事を利用している人でも気になることはありませんか、自分のものでもないパソコンを一体誰が管理しているのかということを疑問に思ったことはありませんか?パソコンを利用して主業務をこなっている会社には今でこそほとんどそんな管理をするために導入されているシステムが『Windows Server』というシステムが導入されているのです。IT会社に勤めている、もしくは類似した職場で機能を把握しているといった人でなければ聞いた事もないという人がいてもおかしくないでしょう。ではこのWindows Serverというものは一体どんなものなのか、そのことから説明していきましょう。

サーバとは

ここで使われているサーバとは、いわばサービスをしてくれる人のことを意味しています。つまりはパソコンを管理して、常に使える形でシステム上で何らかのサービスを提供してくれるシステムのことを指しています。具体的にいうなら飲食店が一番良い例だとよく言われています。例えば日本の飲食店の場合が最も適切なの当てはめて考えてみると、日本の飲食店では基本的にセルフサービスというものを明言していなければ店員さんが自動的に全て行なってくれます。案内や注文、飲み物や食べ物の飲食の提供、更に使用済みの食器の配膳といったことまで対応してくださいます。飲食店からすればこれは当たり前のこととなっていますね、そんな中で不適切な行動を起こされてしまうとすぐに問題となってお客さんは苦情を言い放ちます。お客さんの意にそぐわない行動をしたから当然のことだと、思っている人が多い世の中ですが何事も出来るサービスと限度があるということを意識していないこともあって、最近では度外視するような行動をして店員さんを困らせる迷惑なお客さんがいるような状況でもありますが、わかりやすい例えとしては飲食店の店員が参考になるモデルとして考えてみておいてください。そんなパソコンのサーバというのは大まかに言えばそんな飲食店で働いている店員のような意味合いとなっています。ものすごく極論的なまとめ方なので無理繰りがあるかもしれませんが、原理としてはそんなサービス業に携わる人をイメージしてくれれば良いと思います。

現在のコンピューター事情ではそんなサーバーとクライアントという図式で成立している環境となっています、サーバーは基本的に一般の家庭で自前のサーバーを持つということがなければ管理するということはありませんが、企業などにおいてはそんな自社のサーバーを保有している会社も存在しています。管理をすることでサービスを安定的に提供してくれるという公式がこういうところでも成立しているのです。コンピューターといっても人間が作り出したものですから、人間社会で作られた常識が当てはまるという事実を見て、何となく個人的にシュールな気持ちに苛まれてしまうのですが、勘違いですかね。

サーバOSの誕生までの過程

ではこうしたパソコンにおけるサーバOSというものが現在作られて多くの企業で活用されることになった理由としてはなんなのか、というのはそれは初期のパソコン事情が深く起因しているのです。初期の時代にはまだ現在のようなネットワーク機能という共有システムが完成していなかったこともあり、コンピューターを利用する方法としては、その利用したいコンピューターで直接操作しなければならないということが全ての原点となっています。この頃においても確かに便利な機能ではありましたが、これでは手間が増える一方なのは言うまでもないでしょう。作業を簡略化するために遠隔操作を行える端末が作られるようなこともありましたが、結論から考えると結局端末からデータの入出力を行なっても、肝心のデータがここのパソコンには保存できないという状況にあったのです。普段に何気なく社内でデータを共有しているこのシステムも、始まりはホストコンピューターに全てデータが格納されている状態のため、自由に操作するにしても端末から入力などをしなければならないという不便な状況だったのです。

この状況を打破するために様々な試みが試されるようになりましたが中々現実として形になることはありませんでしたが、ようやくネットワーク機能を利用することのできるようになったパソコンが発売される威容になったのは1984年のことでした。この時もこの機能を搭載したパソコンが買いお初された目的としてはネットワーク上に存在するファイルをLANを経由して共有することが目的としてあげられていたのです。普段何気なく会社などで共有ファイルを利用している状況ですが、開発までにはそれなりに時間を要している事実をどう受け止めるかは自由ですが先人達が今私達が普段から何気なく利用しているファイル共有システムの基礎を作り上げてこなければ、こんな便利な機能を持つこともなかった可能性だってあったのです。誰もがその共有というシステムが存在していなくても不便に感じる人間が誰もいないという状況であるなら、現代でも非常に効率の悪い仕事環境で業務をこなしていることだってありえたと考えたら、空恐ろしくもなってしまいます。

しかしあまりにも当時からすれば先進した発明であったということもあるため、共有システムを可能にした機材は高額なものとなってしまい、また例え導入したとしてもあまりに膨大なメモリ消費をするために仕事に必要なアプリケーションが起動しないという色々と面倒な問題が噴出するようになってしまうのです。そこから先は言うまでもありませんが、改良という発明の問題点を挙げながらシステムの進化側臣を促す公邸へと突入していくのです。

高機能ではなく、高速が求められる要素だった

メモリが重い、ということはパソコン内部でのCPUの処理スピードが遅いということでもありますが、当時からすればそんな処理スピードを上げるということ、つまりはシステムというものは高速であることが一番大事なことであると考えられていました。早ければ早いほど良い、というのは実に外国らしい考え方でありますが性能として考えたらどうしても見劣ってしまうのは明白でしょう。早ければいいものが出来るというのではなく、迅速勝つ丁寧に仕上げるというのがどんな仕事でも言われているとおりのスタイルでしょう。時代というモノでしょうか、そんな社会背景だったこともあってやや世情を無視したような機能を持ったサーバシステムが開発されていくことになって、企業として思うことは当然充実した機能を持ったもの、ではないでしょうか。そしてそのことも生かした商品をリリースしたのが、現在のコンピューター市場において世界最高水準を維持しているWindows3.0がリリースされたことで全ての市場が覆されるようになったのです。その後はネットワーク機能搭載は当然として、面倒な組み込み業はあったもののメモリも拡大されたという利点が加わったことで多くの企業や人々がWindowsを買い漁るようになったのです。

そして満を辞して日本にも95が発売されるようになって、その後ネットワーク機能を搭載していないパソコンは後退していってみる機会というものも減っていくことになりました。この頃はまだそんなサーバーシステムは搭載されているネットワーク機能で十分な状況でありましたが、年々と時間を重ねることでますます機能というものが拡充して行く必要性が出てくるようになりました。そうなると結論として管理するためのシステムは進化を辿ることになったのです。

こうしてみると、コンピューターの歴史としてみた場合には大きな源流となっていくための道筋がつけられているという事実を確認できると思います。こうした流れがあるからこそ今の私達が利用しているパソコンも存在しているとはっきり認識できると思います。今のパソコンの迅速で高機能というのは初めから想定されていたのではなく、高速を意識するあまりに機能を置き去りにしてしまうという重要な欠点を抱えたまま進化を辿ることになった状況でのWindowsの登場、なんだか図ったように歴史の転換期に登場しているのはもはや作為的なものを感じてしまうのは気のせいでしょうか。

その後の活躍や話題といったものだけで見てもあっという間に世界中に取り入れられるようになって行き、現在では世界各地に支部もありアメリカでは大企業という枠では収まらない企業として存在しているということを考えただけで、いかに私達の生活全てにどれだけパソコンという存在を知らしめることになるのかというのを理解できるのではないでしょうか。3

分かりやすく言えば、貴族階級の崩壊ということ

サーバについての説明について上記でも少し分かりづらいと考えている人がいましたら、もっと分かりやすい例えとしてあげるなら貴族階級の特権が失われるということと等しいことなのです。一番わかりやすいものとしてはフランス革命でしょう、詳しい史実内容については省きますがとりあえず時の大悪女とまでののしられるようになってしまったマリー・アントワネットが生きていた時代です、この時代には貴族というものは庶民を蔑ろにして毎日悠々自適の生活を満喫していました。そんな貴族たちに対して、ついに堪忍袋の緒が切れたと言わんばかりに革命騒動が勃発し、あっという間に王室が壊滅までに追い込まれるという状況になったのです。

そんな歴史の話において、このサーバとクライアントの関係というのも以前はこのようなものだったのです。サーバはかつては端末にあるコンピュータとして上位の存在、いわゆるホストコンピュータとして機能していましたが、結局データの入出力を行うのは端末が基本的に行なっているということになっています。今のコンピュータもそんな構図が名残として残っていますが、基本的に私達は扱っているパソコンからデータなどを扱っているという事実に対して、ホストコンピュータは雇っている側というより、雇われている方だということで立場が逆転してしまったのです。

サーバの英語表記に使われている『Ser』には『Servant』という、召使を意味している単語も掛けて付けられたという秘話も存在しているのです。気にしていないと気付かないことですが、現在ではサーバというのはそんなかつては端末側を支配する存在だったのが、技術革新が進んだことでホストとしての役割を失い隷属されてしまう立場へと成り下がってしまうのです。こういったIT用語を調べてみるとこうした歴史的背景に基づいての言葉遊びを見ると、非常にユニークで面白いと感じるのではないでしょうか。そういう意味では英語というものも面白く活用すれば、実はこんな由来があるということを理解できるかもしれません。とりあえず。サーバというものは現在では端末に支配されている使用人、という風に考えてもらえればいいでしょう。